日本人が知らないといけない東アジア情勢の2chまとめblog

日本人が知らないといけない。知っておきたい、東アジア情勢の情勢をどんどん更新してまいります。

日本人が知らないといけない。知っておきたい、東アジア情勢の情勢をどんどん更新してまいります。

サッカー

【サッカー】ケイスケホンダ「ミスの何が悪いのか。どれだけミスを恐れずプレーできるか。失点につながらなかった、良かった、以上」★2

1: pathos ★ 2018/06/22(金) 20:26:22.84 ID:CAP_USER9
 あくまで軽傷を強調した。前日21日は別メニュー調整だった日本代表MF本田圭佑(パチューカ)だが、22日の練習にはスパイクを履いて参加。練習後、報道陣の取材に「問題ないです。あと2日あるけど、いい準備をしたい」と、24日のW杯グループリーグ第2戦・セネガル戦(エカテリンブルク)を見据えた。
258D23E6-1350-4C26-93A5-2875B6A0551F

 後半25分から途中出場した19日のコロンビア戦(2-1)で痛め、試合後は足を引きずるような仕草も見せていた。「両方の打撲」と、両太腿を打撲したことを明かしたうえで、「大したことないです」と強調した。

 過去2大会は全7試合に先発していた本田だが、コロンビア戦は自身初のベンチスタート。それでも途中出場から3分後に左CKから決勝ゴールをアシストし、存在感を見せた。データサイト『オプタ』によると、3大会連続のアシストはアジア人初の記録だったが、本田自身は「1本目のシュートをダブったほうが悔しい」と、後半26分のシュートミスを悔やんでいた。

 アシストという結果を残した一方、バックパスが相手に渡り、カウンターのピンチを招くシーンもあった。このプレーについて聞かれると、「ミスの何が悪いのか。失点につながらなかった、良かった、以上ですね」と一蹴した。

「どれだけミスを恐れずプレーできるか。そのミスが結果、失点につながったらまずいけど、そこはせめぎ合い」。泰然自若の背番号4からはいつもの“本田節”が炸裂した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180622-01655416-gekisaka-socc

★1が立った日時 2018/06/22(金) 19:37:46.41
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1529663866/

続きを読む

【サッカー】韓国16強入りに自信、アジア勢の奮闘は「刺激になった」[06/21]

1: ろこもこ ★ 2018/06/21(木) 07:19:35.17 ID:CAP_USER
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180621-00000001-jij_afp-socc

【AFP=時事】2018年W杯ロシア大会(2018 World Cup)に出場している韓国代表は、16強入りをまだ諦めておらず、23日に行われるメキシコとの大一番を前にアジアのライバルチームから刺激を受けた。
74738A99-5E73-487A-B7DF-98A73E01ED7C

 韓国はW杯初戦でスウェーデンに敗れたが、とりわけこの試合の前にはメキシコがドイツを下すという衝撃をみせていたこともあり、グループFでの遅れを取り戻すことに必死である。

 韓国は第2戦でメキシコと対戦するが、この試合に敗れると3度目となるベスト16進出の可能性がついえると見込まれる。

 李承佑(Seung-Woo Lee、イ・スンウ)は「監督のことを信じ、残りの2試合をうまく進めることができればベスト16に進出できる」と話している。

「韓国代表としてW杯の舞台でプレーすることを、子どものころからずっと夢見てきた。負けたからといって、チームはまだ諦めていない」

「選手たちはやれると信じている。私はチームメート、コーチ陣のことを信じきっている」

 今大会ではサウジアラビアのグループAでの敗退が決まった一方、イランがモロッコに勝利し、日本も10人のコロンビアを破るなど、アジア勢はここまである程度の成功を収めている。

 MFの鄭又榮(Woo-Young Jung、チョン・ウヨン)は、「われわれアジア勢では、すでにイランと日本が勝利している」と語る。

「私はこのW杯でアジア勢が成功することに疑いの気持ちを持っていたが、われわれも同じアジアのチームとしてうまくやれるとも考えている」

「同じアジア勢の奮闘はわれわれにとって刺激になったとともに、われわれのやれるという信念をより強くしている」 【翻訳編集】 AFPBB News

続きを読む

【サッカーW杯】「日本は歴史的勝利」韓国紙も速報…青瓦台掲示板には韓国代表やスウェーデン糾弾書き込み殺到★3

1: 豆次郎 ★ 2018/06/20(水) 16:51:28.38 ID:CAP_USER
6/20(水) 3:13
「日本は歴史的勝利」韓国紙も速報…青瓦台掲示板には韓国代表やスウェーデン糾弾書き込み殺到

◆W杯ロシア大会▽1次リーグH組 日本2―1コロンビア(19日、サランスク)

 韓国のスポーツ紙「スポーツ朝鮮」は19日、日本がアジアで初めて南米に勝ったことを「歴史的初勝利」として速報した。
16DFCA1A-1E55-4DCB-B358-E5AB0BC766D4

 同紙では日本が立ち上がりすぐに数的優位になったことを紹介。前半はコロンビアの速攻に手を焼く場面があったが、後半に入ると1人多いことを生かしたことを伝えた。

 韓国は初戦でスウェーデンにVAR判定の末にPKを献上して敗れた。同国の有力紙「朝鮮日報」(電子版)によると、韓国大統領府(青瓦台)の国民請願掲示板にスウェーデンや主審を糾弾する請願が殺到しているという。さらに韓国代表チームに対する脅迫に近い書き込みも行われていると伝えている。

 韓国では、2月の平昌冬季五輪で、スピードスケート女子団体追い抜きに出場した同国代表選手をめぐって、代表剥奪を求める書き込みが殺到する騒ぎがあった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180620-00000070-sph-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180620-00000070-sph-000-3-view.jpg

※前スレ
http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1529460584/

続きを読む

【マラドーナ】「韓国人ファンへの人種差別疑惑」を釈明、韓国のメディアやネットは怒り収まらず[06/18]

1: ガラケー記者 ★ 2018/06/18(月) 13:37:29.13 ID:CAP_USER
関連スレ
【W杯】韓国人ファン「ディエゴ!」と声援 マラドーナがの吊り目ジェスチャーをして問題に
http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1529234733/1-?v=pc
2018年6月18日、「人種差別」疑惑が浮上している元アルゼンチン代表のレジェンド、ディエゴ・マラドーナ氏が疑惑を否定したが、韓国のネット上には非難の声が殺到している。
5B706448-1C9B-4171-AA0E-7880683A5644

マラドーナ氏は16日、W杯ロシア大会1次リーグD組のアルゼンチン対アイスランド戦の前、自身に向けて歓声を送る韓国人ファンに対し、両目を釣り上げるジェスチャーをした。

これが波紋を呼んだため、マラドーナ氏は自身のSNSで「多くのファンの中で、アルゼンチンのユニホームを着て私を撮影するアジアの少年を発見した。アジアの人たちが私たちを応援してくれることが、どれだけすごいことか伝えたかっただけ」と釈明した。

しかし、韓国のネット上では非難の声が収まらず、多くの韓国メディアが「人種差別疑惑にひきょうな言い訳(ニュースエン)」「レジェンドの称号が惜しい(グリーンポストコリア)」「奇行のアイコン、黒歴史に新たな1ぺージ(竹山新聞)」などと批判的に報じている。
ネットユーザーからも「傲慢(ごうまん)と自慢の極地」「人種差別者たちは決まって、自身が人種差別者であることを否定する」「サッカーのレジェンドがこんな風に年をとるなんて悲しい」など厳しい声が数多く寄せられている。
Record china
2018年6月18日(月) 11時40分
https://www.recordchina.co.jp/b615237-s0-c50-d0058.html


2B05F978-A54D-441E-9F74-551EC31A55AF
 

続きを読む

【サッカー】本田「ここからは自信を過信に変えていく位のフェーズ。シビアな会話と自信の融合。脳にポジティブなワードを入れる」 ★5

1: スレ立て代行@ベクトル空間 ★ 2018/06/11(月) 15:06:49.43 ID:CAP_USER9
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180611-00235248-nksports-socc

サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会に出場する日本代表が10日、
事前合宿地のインスブルック近郊ゼーフェルトで練習を再開した。
0-2で完敗した8日スイス戦(ルガノ)に先発した選手たちは、軽めの調整で切り上げた。
00CB6E70-D478-49F6-AE01-8D388BA3813F

スイス戦にトップ下で先発したMF本田圭佑(31)が練習後に取材対応。
心の持ちようを説いた。

「ここからは、自信を過信に変えていくくらいのフェーズ(局面)だと思っているんで。
ここからはシビアな会話と自信の融合」と持論を述べ
「脳の中にポジティブなワードを入れていく」とも言った。

あの松坂大輔投手の名言「自信が確信に変わりました」をさらに進化させたような「過信」という、
ある意味、本田らしい刺激的な言葉遣いだった。

チーム内では西野朗監督(63)の理解を得ながら、
ポジティブなチーム作りの議論が進んでいるという。
3大会連続のW杯となり、立ち位置も変わった本田は、
「過去2回と比べ、自分のこととチームのことをどのくらいの割合で考えているか?」
という質問に次のように答えた。
「今は、もっと自分のこと考えないといけないなっていうくらい、チームのこと考えています」と言い切った。

★1 2018/06/11(月) 00:47:10
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1528685703/

569535EF-7F91-42C9-9160-79D5932531FC

続きを読む
569535EF-7F91-42C9-9160-79D5932531FC
最新トラックバック
ランキング上位を目指すぞ!
人気ブログランキングに参加しております。 気づいたらポチッとクリックよろしくお願いいたします。
ニュースランキングへ
スポンサードリンク
Google検索
カテゴリー
Livedoors相互RSS